通気性で選ぶスノボウエア!!運動量が多い人はかなり重要になる機能だ!!

65483654

スノボーって誰でもできるスポーツで楽しい運動だと思うんですが、そんな見た目と打って変わってかなりハードなスポーツなんです。運動量や使う筋肉などかなり多くて負荷がかかっているんですよ。

若者のスポーツとして流行っていますが、本気でやっている人たちはムキムキなんです。それと同時に、かなりの運動量があるので少し滑るだけで汗をかいてしまいます。ウエアでは防寒という意味合いもありますが、それ以上に通気性も重要視しなければなりません。

寒いんだから・・・といって通気性を一切無視すると滑れたものじゃありませんよ。まぁメーカーさんたちも通気性のことを考えてウエアを開発&販売してくれているので、通気性0というウエアはないと思います。

よくいるのが、暑くなれば脱げばいい!という発想の人ですね。確かによくスノボをする人もこういった考えすることもありますが、これだとウエアの意味があまりなかったりするので、ウエアすらいらないのでは?ということになります。

ウエアを買うのであれば暑くなれば脱ぐという発想はなくしましょう。
通気性が良い物を買ってウエアを着続けて楽しく滑りましょうね。

スキー場じたい気温は低いので熱くなって脱げばいいのですが、その後すぐに寒くなったりしまうので体調を崩しやすくなります。汗をかいて気温0ど前後のところで運動をしているんですから当たり前なんですが、、、

ウエアの通気性を高くすることは体の熱気を外に逃がして、疲労を軽くさせると言う意味合いもあります。人間は基本的に熱を高くもっていると疲労が蓄積しやすいので!!

だから熱気は外にだして、外からの冷気を防ぐという高度な性能がスノボウエアには求められていて、備わっているんです。もちろん、これも機能性を高くすればウエアの値段も上がるので丁度良い部分を選びましょう。

個人的には防水と耐水を確認した後に通気性も確かめます。
これでようやくデザインの方に意識がむき出すって感じです。

Menu

HOME

 TOP